×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

埋もれ毛(埋没毛)ができる原因!

困った

埋もれ毛や埋没毛は、自己処理によりできてしまうようですね。簡単に埋もれ毛のでき方を紹介します。

(1)カミソリや毛抜きで、毛穴や毛穴周辺を傷つける!
(2)傷がかさぶたになり毛穴を塞ぐ!
(3)完治しても毛穴が塞がれ、ムダ毛が皮膚中で成長!

ざっとこんな感じでしょうか?特にカミソリで深剃りしたことで傷を作り、それが埋もれ毛の原因になることが多いようです。毛穴へのダメージの程度なら、カミソリよりも毛抜きの方が大きといわれています。毛抜きによりムダ毛を抜くことで、毛穴の中で出血が起こり、それが原因で毛穴が塞がれてしまうわけです。

埋もれ毛を放置した場合、どうなるか気になりますね。よく『自然に無くなる!』とか『そのうち出てくる!』なんて言う方がいます。しかし個人的な経験では、埋もれ毛は放置しても出てこないでそのままというケースが多いように感じます。確かに肌表面に出てくるケースもあるようですが、管理人の場合は『そのまま』でした・・・

埋もれ毛をキレイにする場合、エステなどを活用するほうが良さそうです。フラッシュ脱毛(光脱毛)の場合、埋もれ毛の『黒』が光に反応するため、キレイになります。但し、光脱毛すればすぐに埋もれ毛がキレイになるわけではなく、無くなるまでに時間がかかります。

埋もれ毛をキレイにするのは大変!エステでも対応できないケースがあります!

埋もれ毛対策なら、フラッシュの家庭用脱毛器もオススメかも!

例えば、ケノンなどの家庭用脱毛器などは、フラッシュ脱毛(光脱毛)になるので、埋もれ毛などにも効果があるようです。口コミでも埋もれ毛の改善に効果があったなんて声は少なくありません。

このページの先頭へ