×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

これからのことを考えて正しいムダ毛処理を教えてあげたい!

ひまわり

アルバイトをして家庭脱毛器などを購入する方が増えるのが、高校生あたりからです。本当は、エステサロンなどで脱毛をオススメしたいのですが、親の承諾という難関があるので、現実は難しいようです。

ただし、一番知っておいて欲しいことは、自己処理(毛抜きや剃刀など)を何年も続けていくと、埋没毛(埋もれ毛)や毛穴に黒いボツボツができたりするのですが、それ以上に肌が汚くなっていきます。黒ずんでいきます。女性の場合、ムダ毛を気にするなら、いつかはキレイにする時期が訪れます。それが何時になるか、自分で逆算しておくといいです。

高校から大学や短大に進学する場合、その時期にお金を貯めて、エステなどで脱毛するのも1つの方法です。脱毛クリームと抑毛ローションでのムダ毛ケアにも限界があるわけです。

もし、エステ脱毛は社会人になってからと考えてからなら、自己処理では、毛抜きを使わないことです。正しい使い方さえすれば、剃刀の方が肌に与えるダメージが少ないからです。なお、剃刀で自己処理を続けていくと、ムダ毛は太くなります。このことも忘れないように!毛は、剃っていくと太くなるので、脚(すね)や脇などは十分に注意したいです。

アルバイトをして、家庭用脱毛器でケアするのが現実的かも!

高校生のわき毛処理におすすめな方法は何?

個人的にカミソリで後悔したことがあるので、カミソリや毛抜き、脱毛テープなどは、あまりおすすめしたくありません。細いムダ毛なら抑毛ローションですが、脇などの太いムダ毛なら、最初に除毛クリームで処理して、ローションでケアするのがおすすめです。

コントロールジェルME 抑毛ローションで対処できるなら、それに越したことはありません。全身に使えるので、かなり便利です。

パイナップル豆乳除毛クリーム
       +
パイナップル豆乳ローション
ムダ毛が目立ってきたなら、除毛クリームと抑毛ローションの合わせ技がおすすめ!毛抜きや剃刀だと、毛穴に黒いブツブツができたり、埋もれ毛になったりします。除毛クリームでムダ毛を処理してから、日々のケアに美肌成分配合の抑毛ローションを使うのがオススメ!

ミュゼプラチナム ミュゼプラチナムは、女性専用の脱毛サロンです。未成年の場合、ミュゼ指定の親権者同意書に親の署名や捺印をしたものが必要になります。最近、口コミ評価が高い脱毛サロンです。

ケノン 家庭用脱毛器の中で人気があるのがケノン(フラッシュ脱毛器)です。使いきりの家庭用脱毛器と違い、カートリッジを交換すれば、また使えます。母親と一緒に使える優れものなので、一緒に買うのがオススメ!エステで予約が取れないと欲しくなるのが、高機能の家庭用脱毛器です。

高校生のムダ毛処理で気をつけたいこと!

高校生のムダ毛処理で気をつけたいことは、処理回数が増える傾向があることです。ただし毛抜きは、肌へのダメージが剃刀よりも大きいので、できれば避けたいです。埋もれ毛の原因にもなります。

また、剃刀も繰り返し使っていくと、ムダ毛が太くなって、肌に黒いボツボツができたりします。こうなると、肌表面にムダ毛が見えていなくても、汚い肌になってしまいます。ここまでくるとフラッシュ脱毛で対処するのが手っ取り早いです。

できれば、お母さんやお姉さんと一緒に高機能な家庭用脱毛器を買ったり、親を説得してアルバイトしてエステで脱毛するほうが、大人になってからの後悔が少ないです。

このページの先頭へ